ピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。しかし、その効果を高めるにはピルの飲み忘れに注意することが必要となります。こちらでは、ピルの服用方法や、妊娠のメカニズムについて説明していきます。

  • ホーム
  • アフターピルと飲み合わせが悪いのは?アルコールは?

アフターピルと飲み合わせが悪いのは?アルコールは?

アフターピルは女性が妊娠を避けるための避妊薬になります。
女性側が飲むものであるため、男性に避妊をお願いしにくい時や、自分のホルモンバランスが不安定で、いつ妊娠しやすいのかがわからないため、万が一に備えて避妊しておきたい女性にも良いものです。
ですから自己防衛の薬ということもできるでしょう。
ですが人工的に生理を起こすということと、体調不良になってしまう危険性もあるので注意が必要です。
ですから飲み合わせを考えたり、自分の体を考えた飲み方というのもしていくと良いでしょう。

また、アフターピルが便利だからといってアフターピルにばかり頼っていてはいけないでしょう。
アフターピルは便利でも自分の体に良い物ではないということも意識して使うようにしても良いでしょう。
むくんだり太りやすくなったり、見た目でも作用を感じることもあります。
また、使用する時は飲み合わせを考えることも必要です。
飲み合わせの悪い飲み物と一緒に飲むことで結果が出ないということもありますし、普段は感じないような体調不良を呼び起こしてしまうというようなこともあるでしょう。
ですから危険を回避するためにも、無難なお湯やお水で飲むようにもすると良いでしょう。
そうすることによって安全に飲むこともできるものです。

また味が付いているもので飲むにしても、グレープフルーツなどの柑橘系のものは避け、アルコールも避けるようにすると良いです。
グレープフルーツは漢方や薬を飲む時にも避けるように注意事項が書かれているようなこともありますが、良くない作用が出てしまうことがあるのでアフターピルと一緒に飲むのはやめましょう。
飲酒の習慣がある人はいつもの癖でうっかりアルコールを飲んでしまうこともあるので、アフターピルを服用した時は飲酒はしないように自分で管理しておくことも必要です。
飲み物は併用できる水、もしくはノンカフェインの麦茶程度にしておくと安全で良いでしょう。

アフターピルを飲む時の注意点は?

アフターピルを飲む時の注意点としては、飲む飲料水をどれにするかなどの選択に気を付けるなどがありますが、その他に併用しない食べ物、飲む時期についても気をつける必要というのもあるものです。
妊娠する危険がある時間からあまりにも経過してしまった後では飲んでも意味がないということも多いですし、飲んだのに妊娠が防げなかったというようなこともあるので、ちゃんと飲まなければいけない時間を把握して飲むようにもしましょう。
そして量をきちんと間違えずに飲むということも大事です。
たくさん飲んだからといって絶対妊娠が防げるわけでもないですし、逆にたくさん飲んでしまってからのほうが体調不良でなかなか体調が元に戻らないことで困るようなこともあるものです。
ですからきちんと規定量を守っていくようにすると良いでしょう。

また、本物のアフターピルを使うということも必要です。
本物でないものも通販などでは流通していることもありますし、あまりにも安価で出ところが不明のものは体にも危険だということを覚えておくと良いでしょう。
特に海外製のものは日本人と体質的にあわないということもあるので、日本製の信用できるものかどうかもチェックしてみると良いでしょう。
そしてアフターピルを飲む時は急に自分の体調がおかしくなるようなこともあるので、激しい運動や無理な行動はしないようにもしましょう。
いつも通りの行動をしていく中でも異変を感じたら、産婦人科に相談するのも良いので、すぐに行けるようにいきつけの産婦人科を見つけておくというのも良いでしょう。
基礎体温などの自己管理を普段からしておいて、自分の体の異変を素早く察知できるようにしておくことも必要でしょう。

関連記事