ピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。しかし、その効果を高めるにはピルの飲み忘れに注意することが必要となります。こちらでは、ピルの服用方法や、妊娠のメカニズムについて説明していきます。

  • ホーム
  • アフターピルの副作用とは

アフターピルの副作用とは

アフターピルには副作用があるため注意が必要です。
アフターピルは望まない妊娠を防ぐための緊急避妊薬として活用されていますが、アフターピルを服用すると副作用が出る可能性があります。
副作用として出る可能性がある症状は吐き気、嘔吐、頭痛です。

アフターピルは、受精卵の子宮内膜への着床防止や排卵遅延などを起こすことによって、妊娠を回避します。
しかし、受精卵の着床を防止したり、排卵遅延などを起こすために、身体の中のホルモンバランスに働きかけます。
アフターピルを服用することによって副作用が出る原因は、アフターピルに含まれている女性ホルモンが身体のホルモンバランスを急激に変化させるためです。
ホルモンバランスが崩れることによって、副作用が出てしまいます。
アフターピルを服用したことによる副作用は、その程度は個人差が非常に大きく、必ずしも現れるものとは限りませんが、ホルモンバランスを急激に変えるため、低用量ピルなどと比較すると副作用が出やすい傾向があります。

アフターピルは望まない妊娠を防ぐための有効な手段ですが、副作用として吐き気や嘔吐、頭痛のような症状を伴うため注意する必要があります。
アフターピルを服用した結果、副作用が出て万が一吐いてしまった場合には、避妊のための成分を身体が十分に吸収できていないことから妊娠してしまう可能性が高まります。
そのため、吐いてしまった場合には、アフターピルを再度服用する必要があります。
アフターピルを服用した後は、服用後2時間以内は安易に吐かないよう意識することが大切です。
アフターピルを服用すると、胃腸から有効成分である女性ホルモンが身体に吸収され、血中での濃度が上がります。
その結果、アフターピルの服用から2~3時間すると副作用の症状が出始める場合がほとんどです。
1回目の服用の副作用によって、2回目のピルを吐いてしまうパターンは、最も多く、危険とされていることから、すぐにアフターピルを処方してもらった病院へ連絡し、医師の指示を受けるか、予備のアフターピルを服用する必要があります。

アフターピルによる副作用の症状が起こった時の対処法

万が一、アフターピルによる副作用の症状が起こった時には、どのように対処すればよいかを知っておくことが大切です。
副作用の症状が起こった場合には、酔い止め薬を飲むという対処法があります。
軽度の吐き気である場合、市販されている酔い止めで吐き気は軽減されます。
可能であれば、服用する30分前に吐き気どめを服用しておくと、嘔吐の可能性を低減することができます。
吐き気どめとアフターピルの相性が悪いということはありませんので安心です。
むしろ、吐いてしまって避妊できない方が問題なので、吐き気がする場合には積極的に吐き気止めは服用すべきであると言えます。

また、アフターピルを服用するタイミングについても考える必要があります。
アフターピルは性行為に失敗した後できるだけ早く服用することが望ましいですが、空腹時や早朝にアフターピルを服用すると吐き気を起こしやすくなります。
そのため、服用する時間をしっかりと意識することが大切です。
夕食後や寝る前に服用することで副作用を抑えることができます。
服用する場合には、自分の体調をしっかりと管理することが大切となります。

最も基本的な対処法は、安静にすることです。
服用後は身体の中のホルモンバランスが極めて不安定な状態となっているため、部屋の中で安静にしていることが大切です。
副作用として、吐き気の他にも頭痛が生じたり、嘔吐が発生したりしますし、それに伴い眠気やフラつきが出る場合もあります。
車やバイク、自転車などの運転は控え、外出することも無いようにすることが大切です。
いつでも横になれる環境を作り、身体にできるだけ負担をかけないようにすることが副作用に対する一番の対処法です。

関連記事