ピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。しかし、その効果を高めるにはピルの飲み忘れに注意することが必要となります。こちらでは、ピルの服用方法や、妊娠のメカニズムについて説明していきます。

  • ホーム
  • トリキュラーを飲み続けると太る可能性がある?

トリキュラーを飲み続けると太る可能性がある?

トリキュラーは低用量ピルの一種で、毎日継続的に飲み続けることによって排卵を防ぎ、望まぬ妊娠を避けることが出来ます。
もちろん、避妊目的以外でもこうしたトリキュラーを用いる人はいますが、正しく服用さえしていれば高い避妊効果を実現できるため、女性にとっては非常に役立つアイテムとなっていきます。

ただ、こうした高い避妊効果の半面で、トリキュラーには注意が必要な点もあります。
それは、トリキュラーの服用によって太る可能性があるという事です。
もちろん、トリキュラーを服用したからといってすべての人が太るというわけではありません。
錠剤の存在1つでそこまで体重が変化するようであれば逆に問題です。

そもそも、トリキュラーの中には微量の女性ホルモンに似た成分が含まれています。
この女性ホルモンが体内の器官に働きかけ、排卵を止めていくわけです。
そしてこの女性ホルモンの働きはそれだけではなく、同時に体内に水分や脂肪をため込もうとする作用もあります。

トリキュラーの服用時、特に服用を始めた段階ではこうした作用が顕著にあらわれることになります。
ただ、これはあくまで一時的なことでその状態が永遠と続くというわけではもちろんありません。
これは女性ホルモンの変化に体が反応した結果で、服用を続けることで徐々に体もその変化に慣れていくことになります。

ピルに含まれる成分の影響で食欲が急激に増すという症状も出てくることになります。
トリキュラーを服用したら太るという話も、こうしたピルに含まれる女性ホルモンの影響が考えられるわけです。
ただ、この場合でも、食欲に負けて暴飲暴食をするから太るのであって、その気持ちをセーブすることが出来れば何ら問題はありません。

食欲を我慢することに抵抗を感じる人も中にはいるかもしれませんが、こうした女性ホルモンの影響も先に挙げた水分や脂肪をため込む作用と同様に、永遠と続くわけではありません。
体がその変化になれることで徐々に気持ちは治まっていくため、そう心配することもないというわけです。

トリキュラーでむくみの症状が現れる場合もある

トリキュラーに含まれる女性ホルモンの成分によって水分や脂肪は体の中にたまりやすくなっていきます。
これは妊娠中により違い状態に体が変化していくためで、避妊効果を維持するためには致し方ないこととなります。

ただ、だからといってむくみの症状が顕著にあらわれるようになれば、見た目にも影響が大きいため注意が必要になっていきます。
それこそ、見た目に足の太さが変わってしまった、顔が大きくなってしまったなど、むくみの影響は決して少なくありません。

あまりにむくみの症状がひどくて、それが日常生活にも支障をきたしている場合には、ピルの服用を中止することも手段の一つとなっていきます。
とはいえ、それでは避妊効果を維持することが出来ないためできる事なら避けたいものです。

そこでおすすめになってくるのが、毎日のマッサージと生活習慣の改善です。
むくみの症状は体内の血行が悪くなったり、代謝が悪くなっていることによって引き起こされています。
つまり、マッサージによってそれを解消することが出来れば、症状も気にならなくなっていくということです。
脚や顔など、簡単なマッサージであれば素人でもできますし、入浴中や就寝前などに行えば体の疲れを癒すことも可能です。

また、生活習慣を改善して体の疲れや凝りを日々解消していくことも大切です。
食事は不規則にならないように毎日3食取り入れる事、睡眠時間はしっかり確保すること、たったこれだけの工夫でも体内の血液循環は良くなります。
結果的にこれがむくみ解消につながることもあるため、トリキュラーの服用時にも参考にしていくといいでしょう。

トリキュラーの服用によって太る現象は何も薬ばかりが原因というわけではありません。
内容によっては自分たちでも十分に対処できる、この点はしっかり覚えておくようにしましょう。

関連記事