ピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。しかし、その効果を高めるにはピルの飲み忘れに注意することが必要となります。こちらでは、ピルの服用方法や、妊娠のメカニズムについて説明していきます。

  • ホーム
  • マーベロンを服用していたらニキビが改善された?

マーベロンを服用していたらニキビが改善された?

マーベロンは低用量ピルの一種であり、避妊薬というイメージを持っている人が多いでしょう。
実査に日本では避妊目的で使われていることが多いのですが、実はそれ以外にもさまざまなメリットがあります。
最近では皮膚科でも処方されることが増えており、ニキビに効果的な薬として人気が高くなっています。

ホルモンの乱れによるニキビは口の周辺や顎、耳の近く、髪の毛の生え際などにえきやすいとされています。
これは生理前にホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが活性化することで症状が悪化してしまうという特徴があります。

男性ホルモンはもともと女性の体内でも分泌されていますが、男性と比べると量はかなり少ないです。
しかし、ストレスなどを受けると男性ホルモンの分泌量が増えてしまい、ニキビが出来やすくなってしまうとされています。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促すことで知られており、皮脂が毛穴を防ぐことでニキビが発生してしまいます。

マーベロンは黄体ホルモンの働きを抑える作用があり、効率よくニキビを治療を行うことができます。
女性ホルモンであるエストロゲンには、たんぱく質を増加させる働きがあります。
男性ホルモンはたんぱく質と結合すると非活性化され、人体に影響を与えない物質となります。
マーベロンを使うことで血中のたんぱく質が増えますし、男性ホルモンの濃度を下げることができます。

女性の体内に存在する男性ホルモンは卵巣と副腎で作られているのですが、マーベロンを服用するとホルモンが十分にあると脳が認識するため、卵巣でホルモンを作らなくなります。
また、女性ホルモンであるプロゲステロンには妊娠に向けて子宮内環境を調整する働きがありますが、男性ホルモンと似た働きを持っています。
マーベロンにはプロゲステロンの分泌を抑える効果もあるため、ニキビを予防することができます。

ニキビ跡にはいくつか種類がありますが、マーベロンにはニキビ跡を改善する効果はあまり期待できません。
マーベロンなどの低用量ピルはホルモンバランスを整えることにより、ニキビの発生を予防するためのものです。

マーベロンによるニキビの効果はいつごろから現れる?

低用量ピルであるマーベロンは専用の医薬品とは違っていますし、直接ニキビに作用する成分が入っているわけではありません。
ホルモン環境を整えることで効果を発揮する薬であり、すぐにニキビが消えるというわけではないと知っておきましょう。

効果の出方は個人差もありますが、症状が軽い場合は1ヶ月程度で実感できるとされています。
1ヶ月くらいすればメイクで隠せる程度になるでしょう。
しかし、重度の場合は3ヶ月程度の服用が必要とされています。
もちろん3ヶ月の服用で完全にニキビが消えるというわけではありませんし、かなり悪化している場合はもっと時間がかかってしまうことがあります。

いつごろから効果が出てくるのかは肌質や肌の状態によって異なってきます。
低用量ピルが合うかどうかは人によって異なっていますし、体質に合っていれば短期間で効果を実感しやすくなります。
逆に体質に合っていない場合はなかなか効果を実感できないでしょう。

ちなみに、ニキビの原因はホルモンバランスの乱れだけが原因ではありません。
どんなニキビでもマーベロンを服用すれば治るわけではないと知っておきましょう。
マーベロンはホルモン環バランスを整えることでニキビを改善していくという薬であり、マーベロンを服用しても効果が出ないと感じたら他の原因でニキビが発生しているのかもしれません。

マーベロンはホルモンバランスを整える薬であり、体内の環境が変化することで一時的に副作用のような症状が出てしまうことがあります。
吐き気や嘔吐、頭痛、むくみ、体重増加などがおもな副作用であり、このような症状が出ると心配になってしまうかもしれません。
しかし、このような症状が出ても1ヶ月程度で改善するのであまり心配せずに治療を続けると良いでしょう。

関連記事