ピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。しかし、その効果を高めるにはピルの飲み忘れに注意することが必要となります。こちらでは、ピルの服用方法や、妊娠のメカニズムについて説明していきます。

  • ホーム
  • 超低用量ピルのヤーズの安全性はあるのか

超低用量ピルのヤーズの安全性はあるのか

ヤーズの販売会社は、バイエル薬品株式会社であり、日本でも販売されています。
バイエル薬品が販売しているヤーズは、避妊用のピルとして販売されているのですが、日本では避妊用のピルとしてではなく、月経が困難な時に処方されるピルとして販売されています。
そのため、月経の時の痛みが激しいという女性は、ヤーズを服用すると、月経の時の痛みを緩和させられることが期待できるのです。

ヤーズを服用した時には、女性ホルモンの分泌をなだらかにする効果を得られるようになります。
女性ホルモンの分泌がなだらかになることによって、排卵が抑えられるようになります。
そのことにより、卵巣や子宮の働きを休ませ、月経困難症の痛みや悩みを緩和させていきます。
また、月経の痛みの原因になる物質が生産されることを抑えられるようになります。

月経困難症に悩んでいるという人には、低用量ピルであるヤーズがとても効果的です。
また、低用量のピルであるために、体をいたわりながら月経困難症の解決を目指すことができるようになるのです。
安全に低用量ピルを利用することができるため、不安になる必要はありません。

月経困難症を感じている時に、精神的にイライラを感じることがあります。
イライラしたり、下腹部が痛むことによって、苦しんでしまうという人もいるのです。
月経困難症に悩まされて、日常の生活に支障が出るという人もいれば、仕事に行くことも困難に感じるという場合があることもあります。
しかし、超低用量ピルであるヤーズを服用すると、月経困難症の症状を緩和できるようになります。

ヤーズを以前に服用したことがないという人の間では、服用する前にとても不安になってしまうという人もいます。
しかし、ヤーズを服用することに安全性があるため、安心して服用することが可能です。
必要以上に心配して悩む必要はありません。
それどころか、安心してきちんと体のケアをすることができるようになることを知っておくと良いです。

ヤーズの副作用は?婦人科で処方可能?

ヤーズを服用した時に、副作用はあまりないと言われています。
というのも、ヤーズは超低用量ピルであるためです。
超低用量ピルであるヤーズに含まれるエストロゲンの量は、0.02mgとされています。
このエストロゲンの含有量は、低い数値とされているのです。
エストロゲンの量が低いために、副作用である吐き気を感じにくくなっているのです。

ヤーズを手に入れる時には、処方してもらう必要があります。
処方してもらうことができる病院は、婦人科です。
病院の婦人科に行った際に、ヤーズが必要になる旨を、婦人科の医師に伝えると良いです。
婦人科の医師に伝えると、個人の体を診断してくれることに加えて、ヤーズを処方してもらうことができるようになります。

婦人科で相談をする時には、体の調子をきちんと医師に伝えることが必須です。
というのも、個人の体質によって、薬のリスクが異なる場合があるからです。
例えば、血栓症などの持病がある人がヤーズを服用したいと思っている時は、担当医に相談をすることが欠かせません。
また、妊娠をしている人や妊娠をする可能性がある人は、必ず医師に相談しておくことが大事です。

処方してもらう時には、ヤーズに関する説明をしっかりと医師から聞くことが大事です。
医師から話を聞く時には、ヤーズを使用するにあたって知っておくべきことや、注意すべきことをしっかりと聞いておくことが大切です。
また、医師に相談をする時には、起こりうる副作用について確認をしておくことも欠かせません。

正しい知識を持ってヤーズを使用すると、安心してヤーズを服用することができるようになります。
不安な点やわからない点がある場合には、服用する前に医師に相談をしておくと良いです。

関連記事